パイロットの就職

パイロットの就職は他の業種同様に就職試験、面接などの採用過程がありますが他と少し違うのは自社養成、有資格者採用、転職(他航空会社からの転職)などいくつかの就職方法があります。参照リンク
航空会社はそれぞれの基準を設け、技量、経験、年齢、人間性など多くの項目を経て採用へと進みます。

パイロットの就職

パイロットの就職を支援するサービス

パイロットマッチ(PMC)はそんなパイロット就職を支援するためにサービスを提供しています。
グローバルな時代だからこそ一人一人の目標や目指す世界観は違い、国内だけに留まらず世界へ目を向けるパイロットや志望者は少なくありません。
パイロットマッチの運営会社、株式会社FLIGHT TIMEが運営するパイロット留学専門サービスであるWORLD WIDE FLIGHT ACADEMYにおいても海外でのキャリアや将来を見据えた就職希望者が数多くいます。

なぜ就職支援が必要なのか

私たちの提供するサービスは主に「企業とパイロット」の架け橋になることです。参照リンク
どのような職種にしてもそうですが、自分に合った会社、働いてみたかった会社、自分を挑戦してみたかった会社など定める目標は人それぞれでず。
しかしそれは逆に考えると企業として「こんな人が欲しい」「こういう目標を一緒に達成したい」「こんな経験者はいないだろうか」と求職者側との考え方が少し乖離することも多々あります。
これは企業が「利益を生み出して社会に貢献する」という会社の本質的なことからきているため何も不思議なことではありません。