アジア諸国のパイロット不足

アジア諸国におけるパイロット不足

アジア諸国のパイロット不足

アジア諸国のパイロット不足も深刻で、米ボーイング社の予測によりますと2040年前後を目処に23,000人近いパイロットが必要とされており、この数値には日本も含まれています。
またこの予測値はボーイング社の製造計画などからも算出されているため極めて正しいデータであると見て取れます。
過去の参照記事

パイロット不足による欠航や遅れ

パイロット不足により起きる問題

パイロット不足により起きる問題は多くありますが、その一番は欠航や遅れです。
これは各航空会社や法律に則りパイロット一人当たりの1日や1週間を通しての最大可能飛行時間に制限があるため、1人が体調不良や不慮により欠勤した場合代わりのパイロットがおらずやむを得ず欠航などにすることが多々あります。
そのような問題を早急に解決するためにもパイロットマッチのサービスは世界にとって必須と言えるのです。